不妊治療の体験談が豊富なサイト。赤ちゃん待ちでお悩みの全ての女性に。

医療保険もらった金額

不妊治療をはじめる前に!女性医療保険に加入!

不妊治療で病院へ通うと、思ってもみない病気が見つかることがあります。よく聞くのは「子宮筋腫」です。今まで婦人科で検査をしてこなかった方は、不妊のために検査をして見つかることがよくあるんです。そして、子宮筋腫が大きかったり出来ている場所によっては不妊の原因となり、手術が必要になります。

そうすると入院、手術費用が必要になってきます。開腹手術になれば入院期間も長くなり、費用もかさみます。他にも排卵誘発剤の注射によって卵巣が過剰に反応し、卵巣が腫れてしまい入院することもあります。卵巣が捻じれてしまうと大がかりな手術が必要で、ただでだえ不妊治療による費用がかかる中、別の病気によって医療費を支払うのは家計をとても圧迫しますよね。

医療保険に入ってさえいれば、ほとんどの入院・手術費用がまかなえると思いますが、不妊治療をはじめてしまっていると入れる保険がほとんどありません。これから不妊治療をはじめようとしている方は、女性特約がついている医療保険に加入しておけば安心です。 私の友達は、不妊治療中に子宮外妊娠や流産などで入院や手術をしましたが、保険に入っていなかったため、全て実費負担になりました。いざというとき!保険に加入していれば安心です。

また高齢で妊娠した場合は、出産までリスクを伴います。帝王切開になることもあります。高齢になればなるほど妊娠中のトラブルが多く、安静を保つため長期入院することも少なくありません。

入院費っていくらかかるか知っていますか?大部屋の場合は一日1万円くらいですが、個室になるとそれ以上の負担になるんです。健康保険が適用されても、自己負担分はかなり高額になることが考えられます。

私自身、不妊治療中に入院や手術を何度かしました。子宮内膜症の検査のため、ラパロ手術、その後の開腹手術、流産の手術、そして妊娠中3ヶ月の入院。帝王切開。全てが保険でまかなわれました。今まで保険に入っていても使ったことがなかったのですが、その時ばかりは本当に本当に保険様様でした。自分はきっと大丈夫・・・と思っていませんか?誰でも平等にリスクはありますから必ず保険に入ってほしいと思います!

まだ保険に入っていない方はぜひ検討してみてください。すでに病院で治療をしている場合、加入できる保険会社が限られてきますが「子宝エール」という保険は不妊治療中でも入れたと思います。

保険会社選びは本当に面倒くさいですが、ある程度資料を取り寄せて見ていると、その保険のいい部分と足りない部分が見えてきます。女性疾病の特約付きは、女性特有の病気で支払われる金額が倍くらい違ったりしますので、特約が付けれる保険を選びたいですね^^まず無料の資料を集めることからはじめてみましょう。

実際に私が入っていた月々の保険料(掛け捨て)3000円程度の保険で支払われた保険金額です。見るとわかる通り、プラスで終わってますね~本当によかった!

月々3千円の掛け捨て保険より かかった医療費 もらった保険金
子宮内膜症による癒着剥離術(腹腔鏡手術)
(入院9日間)
¥149,190 ¥300,000
流産の手術(日帰り) ¥19,250 ¥100,000
子宮内膜症による開腹手術
(入院14日間)
¥353,170 ¥270,000
誘発剤で卵巣が腫れたとき(入院9日間) ¥86,810 ¥90,000
¥608,420 ¥760,000

体験談の投稿にご協力をお願いします!

お心優しい方、ぜひ不妊治療の体験談をお寄せください。
「よし!みんなも頑張っているから私も頑張ろう!」きっと力になると思います。

  • 子宮卵管造影検査の体験談を投稿する?
  • 人工授精・体外受精の体験談を投稿する?
  • 不妊を卒業したママの声を投稿する?
  • 病院の口コミを投稿する?

ハッピーブレッシング赤ちゃんがほしいと思ったら専門店へ

ハッピーブレッシング赤ちゃんがほしいと思ったら専門店へ