「子宮卵管造影検査」体験談Vol56

不妊治療「子宮卵管造影検査」

皆様から卵管造影検査の体験談をお寄せ頂きました。一人でも多くの方の参考になればと思います。

35歳 不妊歴1年

検査の様子

アメリカ、コロラド在住です。一年前から排卵テスト(尿スティックによるもの)でタイミングをみてトライしていますが妊娠に至らないので1週間前に専門医を訪ねました。2回目の来診の今日、卵管造影を受けてきました。

昨日から明日まで3日分の抗生物質を渡されていたので昨日から飲み始めました。また、造影の1時間前にイブプロフェンを600mg飲んでくるように言われていたので飲んで行きました(アドビル3錠)。下だけ脱いでガウンに着替え、検査室にはいりました。3人の女のドクター(一人は私の婦人科主治医)と1人のおじさんドクターが部屋にいて、握手されました。

軽く説明を受け、早速ベットに乗せられました。ベットのはじに寝て、膝を曲げて高くあげ足置き台に膝を広げて置きます。シーツで隠されているので向こう側での様子は見えませんでした。おじさんドクターはこちら側に居たので恥ずかしくありませんでした。

液(透明のiodine)が入ったシリンジを膣に入れますよ、と言われて入れられましたが何も痛みは感じませんでした。体をベットの真ん中に向けてスライドされ、足が真っ直ぐになり、X線の機械がお腹の上の方に設置されたあと、モニターを見ながら液を注入されました。痛いというよりも、尿がでそうな感じの不快感がありました(私は生理痛がほとんどいつも無いのでわかりませんが、生理痛に似てるのかもしれません)。

白い液がまずは右側の卵管の方に入って行って、お医者さんが、ほら、通って行ってるね、と言いました。左の方にはすぐには液が通って行きませんでしたが、何秒かには通って、同じように管を伝って出て行ってる様子が見られました。右にちょっと傾いて、とか左にちょっと傾いてとか言われたのでその通りにして、計2-3分くらいで終わりました。

終わった後、ベットの横に座って、ドクターと一緒にとった映像を見ながら説明を受けました。どちらも通っているそうです。右の方に先に流れたのはどうして?って聞いたら、特に意味は無いよ、と言っていました。気持ち悪い?と聞かれましたが、何もほとんど感じず、さっさと駐車場まで歩いて車で帰りました。

Message

こんなにすぐで簡単だとは思わなかったと言ったら、友達に宣伝しておいて、と言われました。痛み対策に敏感なアメリカだから痛みのない方法だったのか、たまたまなのかわかりません。

前もって貰っていた説明書にもクランプ(生理痛?)のような感じがあるとは書いてあっても、ひどい痛みが伴うとは言われていなかったので、みんなこんな感じなのかもしれません。イブプロフェンが効いてたのかもしれません。

まだ旦那の方の精子テストの結果が帰って来てないのでわかりませんが、今の所、私の卵巣、子宮には問題ないようです。なぜ妊娠しないんでしょう???

40歳 不妊歴1年

検査の様子

今朝受けてきました。痛い検査でしたが、極度の怖がり&痛がりの私でも何とか受けれたので皆さん大丈夫だと思います。検査が決まってから検査直前まで(一週間)リラックスをしていたのに、検査が始まると余裕がなくガチガチになっていました。

まず、いつも通りのエコーを使った検診のあと、消毒をしチューブを挿入しました。挿入時にチクッとしましたが、たいして痛くもなく、続いてバルーンを膨らませました。こちらは、お腹が膨れるような圧迫感があり、「痛いっ」と伝えると少しゆるめてくれ楽になりました。その後、チューブを足にテープで固定したあと、ナプキンを渡され、ショーツにつけて着替えを済ませたあと、レントゲン室まで行きました。

レントゲン室では、仰向けになり、お腹を出した状態で造影剤を注入しました。最初は痛くなかったのですが、数秒後から、お腹の中から針で刺されているような、ピリピリ感と圧迫感で耐えられなくなり、撮影してもらって、チューブを抜いて終わりました。チューブを抜くと痛みはなくなり、もう少し我慢した方が良かったのかなと思いました。安静室で20分横になりました。その間、看護師さんが2回ほど様子を見にきてくれました。最後に先生の説明があり、卵管は通っていました。抗生剤を3日分もらい、3120円でした。

Message

事前にこちらで情報を仕入れ、リラックスを心がけました。しかし、最初の検診時からお尻が引け、先生に「緊張するのはわかるけど、お尻が逃げてしまうとやりにくいから、力を抜いてね」と言われました。終始、先生も看護師さんも優しく、「痛くないですか」「痛かったら言って下さい」と患者寄りの発言でしたので、遠慮なく「痛いっ」て言いました。痛かったらすぐやめてくれるので、安心して検査を受けれました。多分、どこの先生も一緒だと思うので、迷っている方がいるなら、勇気を出して受けてみて下さい。

37歳

検査の様子

昨日、卵管造影検査を受けてきました。痛いということを聞いていたのでかなり不安でした。なのでお医者さんに伝えると痛み止めの座薬があるということで、検査当日看護師さんに肛門から座薬をしてもらいました。

午後から検査だったので昼食は食べないでくださいとのことでした。座薬が効いてから管を入れました。生理痛のじわじわした痛みがあり耐えられる痛みでした。管を入れるのでロングスカートで行きました。レントゲン室に移動し横になって造影剤を少しずつ入れてレントゲンをとるという感じでした。入れるたび鈍痛を感じ息もはぁ~はぁ~となり、痛みをこらえました。多分5分くらいだったと思います。座薬をさして良かったです。

終わってその場で管を抜いて着替え診察室に行きました。検査が終わって痛みはありませんでした。お医者さんも看護師さんも優しかったので本当に良かったです。卵管はちゃんと通っていて異常ありませんでした。私はまだ不妊治療はしていませんが年齢的にも子宮内幕症もあり不安な毎日を過ごしていたのでがんばって検査を受けることにしています。

Message

これから造影検査を受ける方がいましたら痛み止めの座薬をさしてもらうと不安も少し解消されます。あまり口コミを見すぎたせいか知識があり、私はかなり不安になっていたので見すぎないほうが良いかもしれません(^-^;がんばってくださいね!大丈夫です!

31歳 不妊歴6ヶ月

検査の様子

こちらの体験談を読んで、覚悟を決めて受けてきました。前日夜からの抗生剤服用、当日は朝食抜き、持参するものは基礎体温表、生理用ショーツ、ナプキンでした。また検査後は入浴、運動、性交を避けるようと指示を受けました。

朝9時から検査開始ということで、8時45分にまず産婦人科に呼ばれました。膣内の消毒をしますねーと言われ、内診台に上がり、消毒。これはまったく痛みなしでした。

その後普通に服を着て、放射線科に移動しました。みなさんの話では器具やチューブをつけたまま移動とありましたが、私の場合は放射線科で全て行うようでした。

検査着に着替え、ショーツは着けずにレントゲン室へ移動し、台の上に仰向けになります。(足が開くタイプの台)

看護師さんからお腹の動きを止める筋肉注射をしますと言われ、注射をされました。看護師さんからは目がチラチラしたり、胸がドキドキすることがありますが、時期におさまりますからね。と言ってもらいました。その後目の焦点が合いにくい状態が1時間ほど続いた気がします。

いよいよ器具挿入。あまり説明がなかったので、バルーンがあったのか何なのかさっぱりわかりませんが、まずチューブのようなものが刺さる痛みがありました。その後造影剤が入っていくときだと思うんですが、これが痛かったです。顔をしかめていると、お医者さん、看護師さんが頑張って!と何度も言ってくれて、頑張れました。時間も2,30秒ぐらいじゃないかと思います。

表現するのは難しいですが、お腹を下したときよりは痛くない気がしました(笑)歯医者さんで痛みを我慢しているぐらいの感覚で、終わった後もすぐ忘れられるぐらいの痛みです。

タンポンを入れられ、2時間後に抜いてくださいと言われて終了です。

終わればまったく痛みも違和感もなく、スタスタと歩き、普通に車を運転して帰りました。その後もまったく痛み、吐き気なしです。

タンポンを抜くとやはり出血があり、翌日まで生理最終日のような状態が続きました。金額は3260円でした。

Message

検査結果は主治医の先生に開けてもらってくださいと渡されたままなので、結果は良かったのか悪かったのかまだわかりません。でもこれから受ける方が少しでも安心して受けられたらと思います!

39歳 不妊歴4ヶ月

検査の様子

私は、まだ結婚していないのですが、子宮筋腫があり、その手術をするのかどうか悩む中、卵管造影検査もしてみようということになりました。朝は何も食べずに行きました。スカートを履いてくるように指示がありました。スカートの下は何もつけない状態で処置台に座り、処置室で消毒をされて、膣に造影剤を入れる何か装置を入れられたと思います。それについては全然痛みはありませんでした。次に撮影室に行きました。こちらは、処置室とは別のところにあり、廊下を移動しなければならなかったので、膣の中に装置をつけたままだったので、だからスカートが指定だったのかと思いました。

撮影室では、寝台に仰向けで横になりました。ナプキンをつけたショーツを履いていましたが、そのままでいいとのことでした。先生が、液体を卵管に通すという段になって少ししてもあまり痛くないと思っていたら、終わりになってゾワッと生理の時のやや強い痛みが来て、気持ち悪さもありました。しかし、そこですぐに撮影終了となったため、液体が卵管を通った時の痛みだったんだなと思いました。撮影が終わると、痛みも落ち着いたのですが、気持ち悪さは残っていました。その後、また処置室に戻り、消毒をして終わりました。先生は30分したらちょっとしたものを口にしても良いと言ってくれました。すぐにはそういう気持にもなれなかったのですが、40分過ぎて、大分落ち着いてきたので、飲むヨーグルトを飲みました。1時間後にレントゲン撮影がありましたが、これはすぐに済みました。

その後、すぐに先生から結果を聞きましたが、右の癒着が多少あるものの、それほど気になるものではないということを言っていただきました。これから、半年間はとにかく妊娠しやすいから、排卵日をきちんと検査して頑張りましょうと言っていただけたので、とりあえずホッと安心しています。帰りに、抗生剤を2日分きちんと飲むようにと渡されました。思ったほど痛くはなかったですが、それでも、全く無痛でもなく、陰部を消毒されるなど先生が処置するので、気持ちのいいものではありません。でも、それくらいの感覚でした。年齢的に、ちょっと心配していましたが、安心しました。

体験談の投稿にご協力をお願いします!

お心優しい方、ぜひ不妊治療の体験談をお寄せください。
「よし!みんなも頑張っているから私も頑張ろう!」きっと力になると思います。

  • 子宮卵管造影検査の体験談を投稿する?
  • 人工授精・体外受精の体験談を投稿する?
  • 不妊を卒業したママの声を投稿する?
  • 病院の口コミを投稿する?

ハッピーブレッシング赤ちゃんがほしいと思ったら専門店へ

ハッピーブレッシング赤ちゃんがほしいと思ったら専門店へ